2017KONA特集:エキスポ(バイク編)

今年のエキスポは、真新しいバイクよりも、マイナーチェンジされたフレームが多かった。その共通点として、ディスクブレーキを採用しているバイクブランドが、続々と現れた。去年、PerleeのTTiRが発表され、ディスクブレーキ使用のトライアスロンバイクとして初めて発表された後も、Cervelo P5XやDiamondback Andeanなどのニューバイクも続いて、ディスクブレーキを採用してきた。他ブランドをこの流れに乗ってきたようだ。

去年にすでに目撃されていたが、今年正式発表されたCannondale Super Slice

TT用油圧式ディスクブレーキのSRAM S900 HRDを発表。ブレーキ上部にオイルリザーバー搭載。Dot5.1のオイル使用

前輪は、140mmのローターに、Sramから新発表されたS900 HRDのTT油圧ブレーキ

迫力のあるフレームであるDiamondbackのAndean

Zippからギザギザ模様のリムが印象的なNSW858を新発表

Zippからギザギザ模様のリムが印象的なNSW858を新発表

Diamondbackから新しいエアロロードバイクであるIOを発表

この丸い堀が、大きくエアロ効果に影響してくるようだ。BB前方は、Andeanのアイデアを取り入れ、エアロロードバイクとしては、かなり斬新なデザインだ。

トライアスロン界でも歴史のあるブランドであるQuitana Rooからディスク仕様のPR SIXを発表

PRSIXは、ブルーとピンクのフレームで発表。TRPのメカニカルディスクブレーキ仕様

後輪ブレーキは、内側に綺麗にフレームに沿って隠れるように搭載

セバスチャン・キーンリが乗るScott Plasma

D2Z(Drag to Zero)が、Scottのために開発したエアロカバーケース

こちらもD2Zが開発したエアロパッド

Ventumカスタムペイントバイク

フルディスクホイールにもVentumマーク

今年もバイクカウントを上げてくると思われるチャンピオンバイクのCanyon

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中