TWJウィークハイライト150830

Ironman Vichy(フランス)

2015IronmanVichyNatashaBike

プロ男子:2014年ITUロングディスタンス世界王者の地元フランス代表Bertrand Billard(バートランド・ビラード)を抑えて、スイス代表Mauro Baertsc(マウロ・バーシ)がアイアンマンレースで初優勝。スイムでは、ITU出身の高速スピードでビラードが51分台でトップ通過した後、3分以上遅れてバーシやドイツ代表Christian Brader (クリスチャン・ブレイダー)が追いかける展開となった。バイクでもトップは変わらずビラードが先導していたが、ランでバーシの走りが上回り、総合タイム8時間23分でフィニッシュした。5分ほど遅れてビラードが2位を維持し入賞、そして、トップランタイム2時間52分でブレイダーが3位へ滑り込んだ。

プロ女子:スペイン代表Gurutze Frades(グルーツ・フラデス)が、ランで強さを見せアイアンマンレース初優勝。スイムでは、エイジグループの選手がトップタイム59分台で通過する中で、4分遅れてフラデスやデンマーク代表Tine Holst(ティネ・ホルスト)や48歳の元アイアンマン世界王者スイス代表Natascha Badmann(ナターシャ・バドマン)が、近いタイムでバイクへと移った。バイクを得意とするバドマンは、トップラップ4時間58分で大幅な差をつけて、ランスタートするものの、フラデスが3時間5分のマラソンタイムでトップへと上がり優勝した。2位には、5分差でホルストが滑り込み、3位にはバドマンが入賞した。

Challenge Pentincton(カナダ)ハーフディスタンス

2015ChallengePentinctonTopFinishers

プロ男子:カナダ代表オリンピアンで今年アイアンマン世界選手権初出場を果たすBrent McMahon(ブレント・マクマホン)が、地元カナダ開催されたチャレンジ・ペティンクトンにて優勝した。今年のアイアンマン・アジアパシフィック王者のカナダ代表Jeffrey Symonds(ジェフェリー・シモンズ)や地元代表Trevor Wurtele(トレバー・ワーテル)などの強豪カナダ勢が多く参戦する中で、スイムからマクマホンとイタリア代表Davide Giardini(デイビット・ジアルディーニ)がトップ通過した。1分遅れてワーテルとシモンズがフィニッシュし、バイクで追いかけるが、先頭の2人に追いつくことができなかった。ランでは、マクマホンがITUレース並みのスピードで、トップランタイム1時間14分のハーフマラソンで、タイトルを勝ち取った。ランで追い上げを見せたワーテルは、3分遅れで2位入賞し、バイクで先行していたジアルディーニが、ランで3位を維持しフィニッシュした。

プロ女子:アメリカ代表Jennifer Spieldenner(ジェニファー・スピルドナー)が、スイムの強さを活かし優勝を果たした。23分台のトップスイムタイムでスピルドナーがフィニッシュした後、オーストラリア代表Carrie Lester(キャリー・レスター)やアメリカ代表Lesley Smith(レスリー・スミス)が、バイクで追いかける展開となった。レスターが、先頭を行くスピルドナーに追いつき同時にランスタートをした。ランでは、スピルドナーの速さが上回り、1分差でつけてフィニッシュを果たした。2位には、レスターが1分差でフィニッシュし、スミスが3位に入賞した。

 

 

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中