2013 Weekly TWJ Volume3

今週は、アメリカ東海岸で一番きついと言われるレースであるIronman Lake Placidがニューヨークで開催され、景色が最高と言われるスイスでも山岳コースを要するIronman Switzlandが行われた。そして、一方カナダでは、Ironman 70.3 Calgaryが開催され、北アメリカ代表選手達が集い、最後のポイント稼ぎのレースとして出場が見られた。

2013 Ironman Lake Placid(アメリカ・ニューヨーク州)

imlakeplacidview

プロ男子:元エリートスイマーでオリンピアンのアメリカ代表Andy Potts(アンディ・ポッツ)が、今シーズン初めてのアイアンマンレース出場果たし、ハワイ世界選手権に向けての権利を得るために、比較的強いプロ選手が少ない中で、余裕の優勝を勝ち取った。スイムスタートから、その得意のスイムで速さを見せ、いつも通りのトップ通過で、46分48秒でスイムフィニッシュを飾る中、後ろから3分遅れでイタリア代表Daniel Fontana(ダニエル・フォンタナ)、アメリカ代表Ian Mickelson(イアン・マイケルソン)、チェコ代表Balazs Csoke(バレージ・ソーキ)が追う。だが、2012年世界選手権6位のPottsとの3分差は大きく、バイクでも調子の良さを見せ、そのままPottsが、後続との差を広げて行く。ランに入るとそのまま流す様なペースでフィニッシュラインまで持ち込み、スイムとバイクで離す戦略的なレース展開で、Andy Pottsが優勝を飾る。2位に、ランで追いつくことが難しかったが、5分差でDaniel Fontanaが入賞し、ランラップを取ったIan Mickelsonが、ランナーアップで3位でフィニッシュした。

2013IMlakeplacidpottswon

1.Andy Potts(アメリカ)

00:46:48 04:48:33 03:02:41 08:43:29

2.Daniel Fontana(イタリア)

00:49:23 04:56:21 02:58:00 08:48:29

3.Ian Mickelson(アメリカ)

00:49:55 05:02:43 02:53:41 08:51:07

プロ女子:2011年Ironmanオーストラリア優勝者でもある現Team TBB所属のオーストラリア代表Carrie Lesterが優勝候補として注目が集まる中で、多くのアメリカ代表プロが、ここでの歴史があるレースの一つとして、タイトルを狙いにきた。スイムフィニッシュは、2人の集団で、アメリカ代表勢であるKaty Blakemore(ケイティ・ブレイクモア)とDede Griesbauer(ディーディ・グリースバウワー)が52分代でトップ通過し、その1分あとにLesterがバイクスタートへと向かった。このアップダウンが厳しいコースで、バイクの力を見せたのがアメリカ代表Jennie Hansen(ジェニー・ハンセン)が、5時間20分のバイクラップで、スイムでの遅れを取り戻し、そのままランに入り3時間5分でランナーアップで先頭まであがり、開催地のニューヨーク出身アスリートとして初めて優勝を飾ることができた。2位には、ランで粘ったKaty Blakemoreがフィニッシュし、優勝候補であったCarrie Lesterが、ランで失速してしまい3位で終えた。

2013imlakeplacidjenniehansenwon

1.Jennie Hansen(アメリカ)

01:03:16 05:20:25 03:05:04 09:35:06

2.Katy Blakemore(アメリカ)

00:52:05 05:32:12 03:12:31 09:42:35

3.Carrie Lester(オーストラリア)

00:55:17 05:23:29 03:23:10 09:47:59

2013 Ironman Switzland(スイス)

2013imswitzerlandviewbike

プロ男子:6連覇を重ねている地元スイス代表Ronnie Schildknecht(ルーニー・シュルドネット)が、7度目のタイトルを奪いに参戦した。それを阻止したいのは、オリンピアンでスペイン代表Ivan Rana(アイバン・ラニャ)とルーキーであるスイス代表のオリンピアンであるJan Van Berkel(ヤン・バンバーケル)が、戦いを挑む。例年と違って、気温の暑さが強い中で行われ、スイムは、水温が高いためウェット着用不可でスタートされた。まず、スイムが得意なエストニア代表Marco Albert(マルコ・アルバート)が52分18秒でフィニッシュし、Berkelもスイムに付いて行き、バイク開始早々から、レースをリードし始めた。だが、バイク終わりでBerkelが、暑さに負けてリタイアをする中、Schildknechtが得意のバイクで追いかけ、トランジション2をトップ通過した。そのまま力強いランで、後ろとの差を縮められることなく、Ronnie Schildknechtが、余裕の優勝を地元スイスで7連覇を達成した。2位には、スペイン代表Ivan Ranaが入賞し、ドイツ代表の新鋭Per Bittner(ペル・ビットナー)が3位に入りレースを終えた。

2013imsweizerlandschildknechtwon

1.Ronnie Schildknecht(スイス)

00:55:59 04:32:16 03:01:59 08:33:39

2.Ivan Rana(スペイン)

00:52:37 04:45:57 02:59:09 08:40:55

3.Per Bittner(ドイツ)

00:55:47 04:49:07 02:57:54 08:46:23

プロ女子:ポイントを稼いで、7月中に世界選手権出場を決めたいヨーロッパ贅のプロが参戦する中で、ベルギー代表Sofie Goos(ソフィー・グース)、ドイツ代表Anja Beranek(アンヤ・ベラネック)、そして先月のIronman Austriaにて優勝したベテランのハンガリー代表Erica Cosmor(エリカ・コスモー)等が、このスイスに集まった。地元スイス代表Céline Schärer(セリーヌ・シェルラー)が、スイムをリードする中で、後方の選手と6分以上の差をつけ、バイクをスタートするが、バイクに自信のあるジャーマンであるBeranekが、先頭を交代しランへスタートする。バイクでアドバンテージを取ったAnja Beranekが、ランでマイペースに走りきり、そのままフィニッシュラインへ向かい、アイアンマンタイトル初優勝をこのスイスで迎えた。Céline Schärerがポジションを変えずにそのまま2位でフィニッシュし、3位にはベテランのErica Cosmorが入賞を果たした。

2013imswizerlandanjaberanekwon

1.Anja Beranek(ドイツ)

00:58:21 04:56:23 03:22:55 09:21:31

2.Céline Schärer(スイス)

00:52:38 05:06:57 03:24:09 09:28:28

3.Erica Cosmor(ハンガリー)

01:01:21 05:10:12 03:17:24 09:33:17

2013 Ironman 70.3 Calgary(カナダ)

im70.3calgaryswimstart

プロ男子:元オリンピアン勢揃いであるこのカルガリー大会では、現アメリカ(ニュージーランド)代表Matty Reed(マティ・リード)、イギリス代表Tim Don(ティム・ドン)、バミューダ代表Tyler Butterfield(タイラー・バターフィールド)が出場し、その3人のスピードプレイに対抗するのが、現在絶好調である地元カナダ代表Trevor Wurtele(トレバー・ワーテリ)とオーストラリア代表のレジェンドChris Legh(クリス・リー)が、タイトル獲得を目指した。スイムからDonが、22分9秒でスピーディーなトランジション共にトップ通過し、その後ろから優勝候補の選手が24分台で続々とフィニッシュした。元サイクリストであるButterfieldが、バイクパートで力を見せてほしいところだったが、好調であるWurteleも加わり、先頭を行っていたDonと共に3人の集団でバイクフィニッシュをした。ここからのラン勝負で、勝ち星があると思われたDonWurteleが、競うあう中で、スピードで一回り上を行く、Donが勝り、そのままカルガリーでのタイトルを勝ち取った。その30秒後に、Wurteleがフィニッシュし、3位にはButterfieldが入賞した。

2013im70.3calgarytop3men

1.Tim Don(イギリス)

00:22:09 02:05:23 01:14:49 03:42:21

2.Trevor Wurtele(カナダ)

00:24:54 02:02:54 01:15:09 03:42:57

3.Tyler Butterfield(バミューダ)

00:24:13 02:03:20 01:16:05 03:43:38

プロ女子:夫婦で絶好調を見せるカナダ代表Heather Wurtele(ヘザー・ワーテリ)に2連覇の期待がかかる中で、急成長中のカナダ代表Rachel McBride(レイチェル・マクブライド)にも注目が注がれた。スイムトップで上がってきたニュージーランド代表Anna Cleaver(アナ・クリーバー)が24分43秒で上がってき、比較的スイムが遅い注目カナダ代表勢は、その2分後にトランジションへ向かい、バイクでの追い上げに向けてスタートした。先頭のCleaverがバイクで遅れる中で、WurteleMcBrideが、バイクで追い上げを見せ、トランジションへ帰ってきた。これからラン勝負になると、得意所でWurteleが、長身ながらもスピーディーなランを見せ、そのまま優勝を飾った。ランに課題が残るMcBrideが2位でフィニッシュし、3位にアメリカ代表Mandy McLane(マンディ・マクレイン)が入賞をみせた。

2013im70.3calgarywurtelewonagain

1.Heather Wurtele(カナダ)

00:26:01 02:21:54 01:23:47 04:11:42

2.Rachel McBride(カナダ)

00:25:31 02:21:10 01:27:08 04:13:49

3.Mandy McLane(アメリカ)

00:26:02 02:22:11 01:25:58 04:14:11

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中