サニステ限定:Zipp x Sramプロダクトムーブメント

サイクリングマーケット問わず、トライアスロンマーケットでも、アメリカ発の歴史のあるホイールメーカーZipp(ジップ)は、多くのアスリートに長年愛され続けてきた。2007年11月には、同郷アメリカ発サイクルコンポネント会社Sram(スラム)に買収され、Sramのブランド下となり、製品の幅を広げ、新商品への開発に力を注いできた。

sram.company.relation

競争が激しいとされる、サイクルコンポネントマーケットに位置づいているSramだが、自国アメリカのバイクショップ取り扱い数やMTBバイクでの使用率は高いものの、サイクルコンポネントでナンバーワンのShimanoに比べれば、トライアスロンマーケットでの総合的な使用率の低さは、アイアンマンハワイ使用率から見ても、Shimano使用数の1/3にしかならない。

しかし、そのデザイン性や軽量さの面では、他のブランドに負けないくらいの商品ラインナップを持っている。例えば、シフトレバーが、常に定位置に戻る設計をしているSramR2C (Return to Center)エアロデザイン・バーエンドコントロールや、最軽量にこだわった11速Sram Red 22シリーズ等、他のブランドに出遅れない様なマーケット展開を繰り広げてきた。

続きはサニステへ

sunnystation_logo

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中