2013 Ironman 70.3 San Juan ハイライト

ironman 70 3 sanjuan eventpgmainimg 1280x600

歴史のある中南米の国、プエルトリコのサンジュアンで、2013 Ironman 70.3 San Juanが、素晴らしい天候と景観の中で、オリンピアンからトッププロが集う強豪フィールドで構成され大きく開催された。

プロ男子

スイムがスタートし、まずリードを取ったのが、水泳でオリンピック予選通過経験のあるアメリカ代表David Kahn(デイビッド・カーン)が飛び出し始め、その数秒すぐにオリンピアン勢のアメリカ代表Jarod Shoemaker、そしてEscape from Alcatrazにて2位だったニュージーランド代表Graham O’Grady(グラハム・オグラディ)、ディフェンディング王者のアメリカ代表Timothy O’Donnell(ティモシー・オドネル)、IM世界選手権7位のルクセンブルク代表Dirk Bockel、そして現IM最速バイクコースレコードホルダーのアメリカ代表Andrew Starykowicz(アンドリュー・スタリコウィズ)の大きなパックが続いた。最初にスイムフィニッシュを飾ったのは、やはりKahnが23分32秒で通過し、そのすぐ背後にShoemakerO’DonnellStarykowiczBockelO’Gradyが続々とトランジションへ向かった。

90キロのバイクがスタートすると、バイクパワーに自信があるアメリカ代表Ben Collins(ベン・コリンズ)とStarykowiczが、初盤から先頭を走り始める。後ろから着いて行こうとShoemakerO’Donnellが続き追いかけるが、ノンドラフティングの速さに対応していないShoemakerがまず遅れ始める。順調なライディングを見せるCollinsとStarykowiczは、15キロ地点では、完全に抜け出し始め、後ろから付いてくる選手はいなくなっていた。まずバイクフィニッシュしたのは、1時間58分の最速バイクラップでCollinsがトップ通過し、その後に期待のStarykowitzがその2分後にフィニッシュし、5分もの差を付け続々とO’DonnellBockelやフランス代表勢のBertrand Billard(バートランド・ビラード)やRomain Guillaume(ロメイン・ギローム)がバイクで追いつき一緒にトランジションへ帰って来た。

バイクで脚を使い過ぎたCollinsは、ランでリタイアする結果になり、ここでStarykowiczがリードを取り始め、5分の差をどれだけ保てるかが注目になってきた。ランが得意分野でないStarykowiczは、課題としているランをしっかりとしたペースを保ち、後ろから追うO’DonnellBillardのランナーに怯えながらも先頭を突き進んでいった。

バイクで大幅な差を付け、ランで逃げ切ることができたアメリカ代表Andrew Starykowiczが、2013 Ironman 70.3 San Juanにて、初優勝を飾った。2位には、バイクとランの追い上げで、フランス代表Bertrand Billardが入賞し、 2連覇中だったディフェンディング王者のアメリカ代表Timothy O’Donnellは悔しくも3位でフィニッシュした。

2013IM70.3SanJuanAndrewWon

リザルト

1.Andrew Starykowicz(アメリカ)

00:23:52 02:00:45 01:21:41 03:50:12

2.Bertrand Billard(フランス)

00:24:55 02:04:17 01:17:49 03:51:02

3.Timothy O’Donnell(アメリカ)

00:23:37 02:05:41 01:18:15 03:51:19

プロ女子

オーストラリア代表Mirinda Carfrae(ミリンダ・カーフレイ)やイギリス代表Leanda Cave(リアンダ・ケーブ)のIM世界王者を含むディープなプロフィールドの中で、まずスイムフィニッシュを25分20秒早速終えたのが、ロンドンオリンピアンであるデンマーク代表Helle Fredriksen(ヘリー・フレドリクセン)が大幅差でトップ通過し、40秒後にIMダブル世界王者Cave、前年度ディフェンディング王者アメリカ代表Kelly Williamson(ケリー・ウィリアムソン)、ドイツ代表Svenja Bazlen(ベンナ・バズレン)、デンマーク代表Camilla Pedersen(カミラ・ペダーセン)が続いた。そして、Carfraeは3分以上の差をつけられスイムフィニッシュし、バイクとランでの追い上げに期待がかかった。

バイクがスタートすると、高速ペースでFresriksenがまずリードを取る中で、CaveCarfraeの世界王者贅達が、追いかける展開へバイク前半はなって行った。バイクでの強さを見せるBazlenが徐々に、Fredriksenとの差を詰め始め、バイク半分くらいの所で追いつき、そのまま二人で、トランジションまで一緒に走り切った。先頭の2人がランスタートした時には、すでに後ろとの差が5分以上も付いており、優勝争いは、この二人に絞られた様なものだった。

ランがスタートし、やはりITUでのランスピードを活かした高速ペースで、Fredriksenがリードを取り始め、自分のペースを守って走るBazlenは、とにかく現在の順位を落とさぬ様に、先頭を行くFredriksenには付いて行かずに、ゴールまで走り始めた。差が付きすぎてしまったことで、ランを得意とするWilliamsonCarfraeが追いかけに行きたい所だったが、トップ3にでも入ろうと自分のペースを維持し追いかける。

だが、バイクでの脱げとステディーなランスピードが大きく成功したことで、そのままデンマーク代表Helle Fredriksenが、この2013 Ironman 70.3 San Juanにて、初ハーフ出場で初優勝を果たしたことで、これからの期待の選手として注目を浴びることとなる。2位には、最速バイクラップ2時間15分を出したドイツ代表Svenja Bazlenが入賞し、3位には、デンマーク代表Camilla Pedersenが3種目の良いバランスを維持しトップ3へ滑り込んだ。

2013IM70.3SanJuanFredriksenWon

リザルト

1.Helle Fredriksen(デンマーク)

00:25:20 02:16:29 01:25:38 04:11:35

2.Svenja Bazlen(ドイツ)

00:26:05 02:15:43 01:27:34 04:13:24

3.Camilla Pedersen(デンマーク)

00:26:05 02:20:02 01:28:37 04:19:00

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中