2012 Ironman 70.3 New Orleans プレビュー

比較的新しい大会で、今回4回目を迎える、観光地としても有名なアメリカ南部地方のニューオリンズで、2012 Ironman 70.3 New Orleansが開かれる。毎年多くのアメリカ国内からの出場者やChris McCormackLuc Van LierdeTimothy O’Donnell等のトッププロを過去に迎えて来た人気のある大会の一つで、南部特有の蒸し暑さが、大きな勝利の要因になるだろう。

プロ男子

ここでの注目選手は、2008年Ironman 70.3世界王者で、ニュージーランド代表Terenzo Bozzone(テレンゾ・ボゾーニ)が、今年最初の勝利を狙う。2011年のアキレス健の怪我の手術復帰から、徐々に元のパフォーマンスを戻そうとしているが、2012 Ironman (70.3) New Zealandsでは、残念な結果に終わってしまい、ここからどれだけ調整してきているかがキーになるだろう。年齢的にも、27歳の若手として、得意の70.3レースで、3種目バランスの取れた総合的な速さをこのフィールドで見せてほしい。

2週間前に開催されたIronman 70.3 Californiaにてランナーアップで、2位に入賞したオーストラリア代表Richie Cunningham(リッチー・カニングハム)もタイトルを狙ってくる。ベテランであり70.3レースを主に出場を重ねてきている選手だが、ランを得意とし、バイク後に、先頭を行く選手を追いかける展開を好む。今回も同じ手法で、ある程度の差をトップと付けられずに、ランで追い付くことができるかが優勝の鍵だ。

今シーズンの最初は、思ったようなパフォーマンスが出せずにいる、アメリカ代表のTJ Tollkason(ティージェイ・トルカソン)だが、今回このフィールドにて更なる上位と優勝を狙ってくるだろう。ロングを得意とし、独特のバイクスタイルで、強さを見せつけてきたが、Ironman 70.3 PanamaTexasにて、残念な結果に終わっているので、ここで挽回できるような勝利を受け取ってほしい。

Chrissie Wellingtonのパートナーであり、ハワイにてトップ10入りを果たした、イギリス代表Tom Lowe(トム・ロウィ)も出場する。去年、噂でかなりの実力を持つ選手だと期待され、実際数々のレースで上位でフィニッシュしその実力を証明し続けてきた選手であり、得意とするバイクで強さを見せ、ステディーなランで他の選手を刺激しつつ、勝利を掴みにかかるだろう。

オーストラリア出身の若手であり、これからの期待のホープである、Mitch Robbins(ミッチ・ロビンズ)にも注目だ。ショート上がりのパフォーマンスを、2010年の70.3 Port Mcquarieで優勝した実力もあり、今年大変期待のかかっている選手の1人だ。この強豪揃いのフィールドで、どこまで争えるかが見所である。

他にも、エイジグループ上がりでアメリカ代表のPatrick Evoeや数々の70.3レースで勝利してきたハワイ常連でアメリカ代表のベテランMichael Lavatoも外せない優勝候補だ。

プロ女子

今回、速くもアメリカ本土での初レースとして、2010年アイアンマン世界王者、オーストラリア代表のMirinda Carfrae(ミリンダ・カーフレイ)も出場を決定している。2012年Ironman Melbourneでは、3位に入賞したものの、トップと大幅な差を開きすぎたため不甲斐ない結果に終わってしまったが、得意の70.3レースにて、元70.3王者としての実力もここで存分に発揮してくれるだろう。

Team TBBのメンバーであり、70.3等のレースで優勝を重ねてきた、今年からTrek-KSwissチームに加入したオーストラリア代表Rebekha Keat(レ ベッカ・キート)も、優勝候補の1人である。Mirinda Carfrae同様、Ironman Melbourneでは、思ったような結果が出せずにいたが、確実にバイクやランにて進化してきている選手であるので、主にChallege Familyシリーズにて優勝する等の経歴を持つ選手なので、今年のハワイ出場に向けて、この70.3レースでも全力で優勝を狙ってくるだろう。

2週間前のIronman 70.3 Texasにて、3位に入賞したアメリカ代表Amy Marsh(エイミー・マーシュ)も、再度この70.3レースに優勝を狙ってくる。70.3 Texasでは、いいペースでバイクまで上位にいたが、ランでKelly Williamsonに負けてしまったので、今回ランの速いMirinda Carfraeにどれだけバイク終了時まで、差を付けられるのかが、優勝の鍵だろう。

そして、同じくIronman 70.3 Texasに出場し、4位に終わったアメリカ代表Caitlin Snow(ケイトリン・スノウ)も70.3レースに再度挑戦する。ランを最大の武器としていたが、スイムとバイクで遅れてしまい、優勝を逃してしまったが、その失敗を今回このフィールドである程度トップ選手についていくことができれば、Mirinda Carfraeと張り合えるランスピードで優勝を狙うことも可能だろう。

その他にも、プロ男子Michael Lavatoの妻であるAmanda Lavato(アマンダ・ラバト)もベテランとして優勝する実力のある選手であり、Ironman St.Georgeを連覇中で、2週間後にレースを控えたカナダ代表Heather Wurtele(ヘザー・ワーテリー)もどこまで調子を上げてきているかが注目だ。

予想

怪我から帰ってきたニュージーランド代表のTerenzo Bozzoneにとても期待がかかるが、実際のランのコンディションはいい状態ではないが、どこまでパフォーマンスレベルを上げてきているかが優勝をわけるだろう。そして、健康体なRichie Cunningamや若手のMitch Robbins、そしバイクが強いTom Loweしだいでは、最後ランニングの駆け引きの勝負になるだろう。

プロ女子は、今年始めのレースで優勝を逃した選手達が、再度調整を兼ねて、レースに参戦するというこもあり、かなり白熱する展開が予想される。特に、多数のランの強い選手がいる中、Mirinda Carfraeがバイクフィニッシュ時にどの位置で、ランスタートするかが勝利の分かれ目になるだろう。もし、Amy Marshがスイムとバイクで引き離し、ランでトップをキープすることが必須だろう。そして、Mrinda Carfraeと同じようなタイプであるCaitlin Snowも同様に、ランでの勝負になるだろうと注目だ。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中