2013 Ironman New Zealand ハイライト

ironman

去年の環境と打って変わって、今年の2013 Ironman New Zealandは、天候等に大きく影響されずに、ベストコンディションの中開催された。今回29回目を迎えるこのIMNZには、毎年通りに多くのプロやエイジのアスリートを引き寄せ、シーズン開始の機転となるロングディスタンスレースとして注目された。

プロ男子

早朝のまだ肌寒い中始まるスイムスタートの前に、10xIronman New Zealand王者のCameron Brown(キャメロン・ブラウン)に、多くの注目が集まる中、ロングディスタンス初挑戦を果たす同じく地元代表のBevan Docherty(ビーバン・ドカティー)にも、未知のパフォーマンスに期待が高まっていた。

スイムスタートし、まずハワイアイアンマンでもトップ2で通過したスイムが得意なエストニア代表Marco Albert(マルコ・アルバート)が、予想通りに飛び出し始め、他の選手との差を広げ始める。だが、ショート上がりのベテランで、スイムに自信のあるDochertyも、Albertの後ろをつきドラフティングし、良いリズムを作り始めていた。その頃後方では、散らばったパックで構成され、先頭を行く2人には着いて行くことはできない。

まずスイムフィニッシュをしたのは、Albertが45分34秒の割と速いタイムで上がり、その後すぐにDochertyが続く。少し時間を空き2分後に、ニュージーランド代表Terenzo Bozzone(テレンゾ・ボゾー二)とチェコ代表Balazs Csoke(ブラッズ・ソーク)がトランジションへと向かい、大幅に遅れてBrownが50分9秒でスイムフィニッシュし、追いかける展開になる。

バイクが続々とスタートするにつれ、天候も暖かさを持ち込み、まずAlbertが先頭を切り走り始め、そのすぐ後ろにDochertyが続き、様子を見る様に自分のペースを探し始めるライドを始めた。そして、追いかける展開になったBozzoneBrownが、差を縮めようと頑張るが、先頭の2人は逃げるように、ペースを落とすことはない。残り40キロを残す所で、まだパワーを温存していたDochertyが、Albertを抜かし、1人で走り始め、できるだけ差を開きランを始めるアドバンテージをつけるためにとうとう逃げ始める。その間に、先日のバイククラッシュの影響で本調子がでないBozzoneは、失速し始め、先頭を行くDochertyと7分以上の差をつけられ、期待のBrownも10分以上の差をつけられ、ランで追いつくか、Dochertyが失速するかの勝負所になってきた。

まずトランジションに戻ってきたDochertyは、フレッシュな顔立ちで、ショートならではの素早いトランジションを見せ、ランをスタートした。3分後にAlbert、7分後にBrownがランスタート。優勝候補に挙げられたBozzoneは、バイクフィニッシュ後に、目眩で倒れ、リタイアを決めた。Dochertyは、後方の選手との差を縮められることなく、ランで快走を見せ、逆に差を広げ、優勝圏内のペースを維持する。後ろから、Albertの2位の位置は変わらず、3位に上がり始めたBrownのランに怯えながらも、今シーズンのランの良さを見せ、逃げ切りをはかる。

バイクの逃げ切りを見せ、そのまま2時間49分のベストランラップを出した、地元ニュージーランド代表Bevan Dochertyが初のロングディスタンス挑戦で、余裕の勝利と共に新しいコースレコード8時間15分で、2013年Ironman New Zealand王者へ初めて輝いた。その10分後、ステディなペースで2位を維持したエストニア代表Marco Albertがフィニッシュし、3位に10xIronman New Zealand王者のニュージーランド代表Cameron Brownがくしくも3位で終えた。

148ff771-7d22-45fc-b950-f843d7e642a6

リザルト

1.Bevan Docherty(ニュージーランド)

00:45:44 04:35:06 02:49:46 08:15:35

2.Marco Albert(エストニア)

00:45:34 04:38:34 02:56:56 08:25:30

3.Cameron Brown(ニュージーランド)

00:50:09 04:41:52 02:57:16 08:34:28

4.Courtney Ogden(オーストラリア)

00:50:15 04:44:14 02:58:24 08:38:53

5.Balazs Csoke(ハンガリー)

00:47:40 04:48:51 03:03:55 08:46:05

プロ女子

スイムスタート後、すぐに強さを見せ始めたのは、やはりアメリカ代表Meredith Kessler(メレディス・ケスラー)が、トップスイマーとして差を広げ始め、スイムラップ47分37秒で早速トランジションへ向かう。大幅に遅れ、地元ニュージーランド代表Gina Crawford(ジナ・クロウフォード)が続き、他のトップ選手のCadice Hammond(キャディス・ハモンド)やCarrie Lester(キャリー・レスター)がトランジションへ向かう。

Kesslerはスイムの勢いで、そのままバイクでもステディなペースを維持し、さらに強くなったバイクの強さを証明しながら、さらに後方のCrawfordとの差を広げる。追いかける2013年Challenge Wanaka王者のCrawfordだったが、自分のペースを守り2位維持することだけに集中していた。3位にはLesterが続いていたが、先頭のKesslerとの差は、徐々に開いて行き、バイクの半分を来た所で、10分もの差を開いてしまった。

トランジションに帰ってきたには、Kesslerで、こちらもトップバイクラップで終了し、早々にランスタート飛び出す。その10分後に、Crawfordが戻り、3位にHammondがランスタートに準備し始める。ここで、追いつきたいCrawfordが、徐々に速いペースで、Kesslerを引き寄せ始めたが、そのKesslerも追いつかれまいとペースを落とさずに、フィニッシュを目指していた。

自分のペースを変えずに、そのまま逃げ切り、アメリカ代表Meredith Kesslerが、2013年Ironman New Zealand王者を去年に続き防衛し、2連覇を果たした。ニュージーランド代表Gina Crawfordは、4分程まで差を縮めたが追いつくことができずに2位でフィニッシュし、3位には、同じくニュージーランド代表のCadice Hammondが20分程大幅に遅れたが入賞した。

MBK-IMNZ-Champ_large

リザルト

1.Meredith Kessler(アメリカ)

00:47:37 05:04:44 03:19:24 09:17:10

2.Gina Crawford(ニュージーランド)

00:51:44 05:08:17 03:14:54 09:20:54

3.Cadice Hammond(ニュージーランド)

01:02:37 05:15:00 03:13:20 09:35:52

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中