2012 Ironman South Africa プレビュー

アフリカ大陸唯一の大規模レースとして、1月に行われたIronman 70.3 South Africa続く、スポーツイベントである2012 Ironman 南アフリカが開催される。毎年、南アフリカ代表やヨーロッパ圏の選手達が、シーズン初期のアイアンマンレースとして、出場を重ねている。

今年の復帰戦になるつもりだった、若手のホープであり、2011年のレースにて、3位でフィニッシュした、南アフリカ代表James Cunnamaが不在の中で、誰が勝利を掴むかが注目だ。女子勢も、毎年出場し、コースレコードを生み出してきたイギリス代表Chrissie Wellingtonが不在であることと、事前にレース出場予定だった、2012 Ironman 70.3 南アフリカ優勝者でイギリス代表Jodie Swallowも欠場したことにより、全体の層が厚くないため、ある程度高ポイントを稼げる環境でもある。

プロ男子

今年は、去年のアイアンマン・ハワイ世界選手権から、レース出場がまったくなく、練習をあまりしていないため、出場を辞退するつもりだった、南アフリカ代表で現地のヒーローである、Raynald Tissink(レイナルド・ティシンク)が急遽出場を決めた。彼自身、今回連覇や優勝を狙うつもりはないが、とにかく完走目的で、怪我のないレースを試みるつもりだ。だが、去年のアイアンマン・ハワイでは、レース1週間前に、ウイルス性の病気にかかったが、チャレンジとして出場をぎりぎりで決め、この時も完走目的のつもりだったが、実際結果は、7位でフィニッシュしたので、彼のポテンシャルがどれだけだせるかが、今大会にて優勝するミラクルが起こる可能性もある。

2011年シーズンから、着々とその存在を出し始め、Ironman 70.3 ヨーロッパ地区選手権王者で、アイアンマン・ハワイ世界選手権では、8位に入賞する実力を持つ、ドイツ代表Andi Bocherer(アンディ・ボシャアー)が、一番の優勝候補だろう。特に、バイクパートを得意とし、その実力は、他の選手達から、認められる程で、サブ 3のマラソンも走れる足を持っているので、トラブルもなくレースこなすことができるなら、優勝は確実だろう。今シーズン初めのAbu Dhabi Triathlonでも強豪の中で4位に入賞する等、今年ものりに乗ってるので、ロングディスタンスでのパフォーマンスにも期待したい。

あまり知られることのない選手だったが、急遽2011年アイアンマン・ハワイ世界選手権にて、6位に入賞し、その存在を見せ始めてきた、スイス代表Mike Aigroz(マイク・アリゴズ)も見逃せない選手である。ランを得意とし、ハワイでもランナーアップで6位を勝ち取ったこともあり、このオフシーズン中にどれだけパワーアップしてきているかが、見所であり、今回出場する他の選手からも、優勝を狙う要注意人物として、上げられている。

そして、さらにアイアンマン・ハワイにて、15位に入賞した、フランス代表Cyril Viennot(シリル・ビノット)も、陰から優勝の隙を狙う選手だ。3種目の内、ランに速さを持ち合わせているが、スイムとバイクは、好タイムを出せていない選手だが、今年のシーズンは、この弱点を改善して、上位を狙ってくるつもりだろう。

プロ女子

過去に出場したアイアンマン・ハワイ選手権では、常にトップ10入りをしている、スペイン代表Virgina Berasategui(バージニア・ベラサテギ)が、優勝候補だ。身長の低い選手だが、力強いバイクとランのコンビネーションで、今回スペインのカナリー諸島でのトレーニングの成果を、今年初のレースとして、この南アフリカで、その存在感を発揮し、優勝を狙うだろう。

前回のアイアンマン南アフリカにて、3位に入賞した、ドイツ代表Diana Riesler(ダイアナ・リスラー)も、今回トップ選手がいない中で、優勝を狙える選手である。現在、右肩上がりの選手で、南アフリカでのトレーニングも行っていることで、ここでの気候や立地に慣れていることから、この経験やオフシーズンのトレーニングの成果をどれだけ見せられるかが注目である。

そして、伝説の6度アイアンマン世界王者で、スイス代表のNatascha Badmann(ナターシャ・バドマン)も、ハワイ出場に向けてのポイント稼ぎに、今シーズンもプロとして戻ってくる。この南アフリカ大会には、ゆかりがあり、過去に数回優勝をしているが、ここ近年は、目立つような優勝等はない。だが、2011年シーズンは、トップ3等の入賞もあり、40歳超えしたベテランとして、いまだにプロ選手としてその力強いパフォーマンスを見せている。特に、いまもバイクについては、どの選手よりも強く、いつも通りのバイクとランのコンビネーションで、どの位置まで上位に上げられるかが優勝の鍵だ。

南アフリカ代表選手として、Caroline KollClaire Hornerも、自国のサポーターの声援を受けて、このフィールドで、上位を目指して戦える選手達であるだろう。

予想

Raynald Tissinkに関しては、過去7年の大会で常にトップ2か優勝を重ねて期ている選手で、練習をしていないとはいい、確実に上位争いをしてくる選手に違いない。だが、調子がでない場合、ドイツ代表のAndi BochererMike Arigozの2人の対決になるだろうと予想される。

陰からNatasha Badmannが優勝を狙う中、一番の候補は、やはりスペイン代表のVirgina Berasateguiになるだろう。いつも挽回できるようなバイクとランのパフォーマンスを持っていることから、このフィールドでは、彼女に超える選手はいないだろうと思われる。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中