2012 Ironman 70.3 California プレビュー

アメリカの70.3大会の中で、人気の一つのレースでもある、2012 Ironman 70.3 Californiaが、カリフォルニアのオーシャンサイドで開催される。毎年トッププロ達が世界中から集まり、主にアメリカ出身の選手達にとっては、オフシーズン後の体力レベルを調べるために出場する選手が多い。コースもほぼフラットだが、海岸が近いため風が強いレースになることも多い。西海岸の天候の中、この走りやすい環境でどの選手が優勝するかが注目である

プロ男子

今回要注意される選手といえば、去年優勝したディフェンディング王者、元アテネオリンピック選手で、アメリカ代表のAndy Potts(アンディー・ポッツ)が、優勝候補になるだろう。あのMichael Phelpsも通うミシガン大学のトップスイムチーム出身であり、一時期水泳でオリンピックを目指していたこともあり、スイムに関しては、トライアスロン界でトップレベルの存在であることから、毎回レースにて、最速スイムタイムで単独トップで上がってくることは必須だろう。去年の70.3レースでは、数々の優勝を重ねて来たが、世界選手権にてバイクの弱さが出てしまい残念な結果に終わってしまったが、今年そのバイクの弱点をどこまで改善できているかが、優勝の分かれ目になるだろう。

そして、もう1人の元アテネと北京オリンピック出場した、現アメリカ代表(元ニュージーランド代表)のMatty Reed(マティ・リード)も注目の的だ。オリンピックディスタンスならではのスピードを、70.3レースで活かし、数々の優勝を重ねてきた選手だが、オンとオフの差が激しく、今回Lifetime Fittnessシリーズで戦ってきた、長年のライバルであるAndy Pottsとどこまで競れるかが、このレースの見所になるだろう。

アイアンマン70.3世界選手権にて、驚きの3位で入賞した、カナダ代表Jeff Symonds(ジェフ・シモンズ)が、新人選手として注目である。まったく無名の選手であり、スポンサーもなく、プロになってから1年も立たないまま、世界選手権にて高速ランを見せ、ごぼう抜きをし、3位でフィニッシュしたこれからの有力の選手だ。今回、その調子でレースを進めることができれば、優勝も確実だろう。

その他にも、若手で注目のアメリカ代表Ben Hoffman(ベン・ホフマン)が、バランスの良いレース展開をみせるのか、オーストラリア勢のIronman 70.3 San Juanで強さを見せ2位に入賞したLeon Griffin(レオン・グリフィン)と70.3レースを得意としオーストラリア国内の優勝を飾ってきたTim Berkel(ティム・バーケル)、常に上位で入賞しランを強みとするRichie Cunningham(リッチー・カニングハム)、Big Sexyというあだ名で有名なアイアンマンディスタンスを得意としているChris Mcdonald(クリス・マクドナルド)も優勝候補から外せない選手である。他に50名程のプロ選手が出場し、新しい選手達がどこまでこのフィールドに刺激をいれてくれるかが注目でもある。

プロ女子

注目の選手は、元アイスホッケー選手であり、これから注目の選手であるHeather Jackson(ヘザー・ジャクソン)が優勝候補に上げられるだろう。特に、このフィールドでは、一番バイクが強い選手であり、ランも毎年スピードを上げ続けてきてる選手なので、今回バイクで差をつけ、ランで粘ることができれば、優勝は確実になるだろう。

元々エイジグルーパーから登りつめてきた、若手ながら数々のアイアンマンレースで優勝し、2011年Ironman 70.3世界選手権では、3位に入賞する等、毎年力を上げてきている、アメリカ出身モンタナガールのLindsay Corbin(リンジー・コービン)も優勝を狙う。新しく今年からTrekスポンサーに迎えられ、最新のRetulバイクフィットで、最高のバイクポジションを生み出しことから、更なるバイクでの速さを2012 Ironman 70.3 San Juanで見せつけてくれたので、今回こそ優勝を狙いに行くだろう。バイクだけではなく、得意のランで粘り強いペースを出し、元々持っている実力を見せつけてくれる。

アメリカのトライアスロンマガジンの表紙も飾り、美貌も兼ね持つ、これからの期待の新人でもある、カナダ代表のMagali Tisseyre(マゲーリ・ティセーリ)も出場。2週間前のIronman 70.3 San Juanでは、4位に終わってしまい苦い結果に終わったが、その経験を活かし、今回さらなる上位を目指すだろう。今年の目標である70.3世界選手権ラスベガスへ出場のポイントを稼ぎに、バランスの良い攻め方で、最後強みのランで優勝を狙う。

オフロードトライアスロンのXterraにて、2011年Xterra世界チャンプのイギリス代表Lesley Paterson(レスリー・ペイターソン)も外せない存在になるだろう。常にマウンテンバイクでレースを進めるオフロードに対して、フラットなコースでどれだけの力を出せるかが注目である。ランも得意とし、最後どこの位置でバイクをフィニッシュし、ランで責められるかが優勝の鍵だろう。

アメリカ代表で、今年のIronman (70.3) New Zealandにて、大幅な差をつけ、独走で優勝したMeredith Kestler (メルディス・ケスラー)も、今シーズン調子がいい選手なので優勝の可能性を秘めている。今回、5月に開催される2012 Ironman St. George出場のためのビルドアップとして現在の自身の体力レベルをテストすると共に、
常にアイアンマンディスタンスでは、トップ3に入賞する実力のある選手で、去年よりもパワーアップしている彼女が、この強豪揃いのメンバーの中でどのようなレースをしてくれるかが注目だ。

そして、アメリカ代表Amanda Lovato (アマンダ・ラバト)もベテラン選手として注目であり、カナダ代表Melanie McQuaid (メラニー・マクエイド)とアメリカ代表のMadison Mckenzie (マディソン・マッケンジー) も上位に上がる実力のある選手なので、要注意だ。

予想

男子フィールドでは、特に70.3レースを得意とするAndy PottsMatty Reed選手達に、注目が行く中、世界選手権のランナーアップで3位に入賞した、Jeff Symondsが優勝を狙いにつき走るだろう。そこに、今年実力を見せてきたLeon Griffinが、バイク終了時点まで、どこまでついて行けるかが優勝の鍵になる。

女子の展開は、Meredith Kestlerが、強さを見せつけたIMニュージーランドでのパフォーマンスを維持していれば、今回優勝は確実だろう。だが、バイクの強いHeather JacksonLindsay Corbinが、ある程度の差をトップでつけることができれば逃げ切りという展開で、両者の戦いが見れるかもしれない。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中