ランス必勝法?!by Brett Sutton from Team TBB

2007年にChrissie Wellingtonをハワイでの優勝を導き、Caroline SteffenJames CunnamaMathaius Heckt等、多くのトッププロトライアスリートをコーチしているTeam TBBのヘッドコーチBrett ”The Doc” Sutton(ブレット・サットン 通称ドク)が、あのLance Armstrongのトライアスロン界での素晴らしいカムバックとIronman 70.3 Panamaでのパフォーマンスから、独自のトレーニング方法を用いてを語っていたので紹介したい。

私達が、このスポーツ界で、特別な一人として讃えられている存在とし、多くのコーチやアスリート達がバイクでのケイデンス(回転数)に関しての疑問が、再度、前面に取り上げられてきている。あのアームストロングが高回転数(100rpm以上)でコースをかけ走るのを見ながら、トップレベルや2流のプロ達を倒したことは、大きな手掛かりを探すきっかけを呼んだ。

そこで、なぜ、ドク(Brett Sutton)は、サイクリストの経歴がないアスリート達に、常に低回転数を提唱する一人となっているのか?

しかし、史上最強のサイクリスト(アームストロング)が、何の問題がなかったかのように、アイアンマン70.3のパナマの日差しの下で乗り回し、表彰台に導いたのを目撃したことは事実だ。

ここで一つの観点として付け加えたい。

歴史

最初に、サイクリストとしての道を選ぶ前、ジュニア選手としてランスは、伝説のマーク・アレンやデーブ・スコット達と泳ぎ乗り回していた。それと平行して、水泳選手として大学への奨学金も与えられるくらいの可能性を秘め、高校時代での水泳能力を認められる存在でもあった。そして、重いギアでドンドン踏み続けるテクニックと共に駆け走っていたわけだが、そう考えていた専門家達は、「ただ彼が重いギアで乗り回さなきゃ」もっと良いランが走れただろうし、彼が17歳だったということを頭にいれても、それから10年間他の選手達をランで強さを証明し続けた伝説のマークアレンに比べれば、ランスのランが弱いことは明らかだった。だからこそ、ランスアームストロングは、常に並外れた能力を持つトライアスリートの一人だった。

サイクリング

次に、彼がサイクリストに転向し、しっかりとしたトレーニングともに大きな存在として、ランスアームストロングが病気になる前までは、レースでの早い段階で前に飛び出し、ゴールから1キロ前にスプリントを仕掛けることで、世界のロードレースでのタイトルを勝ち取っていった。その時、ランスは強い伸びのあるスプリンターであっただろうが、当時彼のケイデンスは低くかったため、他の瞬発力のあるスプリンター程の力はなかった。だが、通常のゴール直前にその瞬発的な速さに駆ける選手達に比べて、ゴール手前の2倍か3倍くらいの離れた距離から引き離すことができるパワーのある持久力を持っていたと思う。

カムバック

ランスが復帰して戻ってきた時には、これについてすべては変わっていた。明確な探究心のある1人として、いくつかの他の特徴がすべての物語を変えていた。しかしながら、ランスアームストロングというマシンは、光沢のあるモデルに変身していた。その真意は、ランスは常に高いケイデンスで踏んでいたいということだ。週に750キロから1200キロくらいトレーニングするたくさんのプロサイクリスト達でさえ、トップの2パーセントしか感じないであろう魔法のようなペダリングの感覚を見つけられないでいる。ここでのポイントは、もし最低でも一日に4から5時間のトレーニングを週6回程しているプロサイクリストでさえその感覚が見つけられないければ、最高でも週に200キロしか乗れないようなバイクのバックグランドのない人達(トライアスリート)がどのようにその感覚を探せばいいのか?もちろん、そこには例外があるだろう。だが、どのくらいすればいいのだろう?自身は、その例外を探るために、新しいトレーニング方を提唱するつもりはないが、新しい世代のアスリートが来る度に、トレーニング方を調整をしている。

多くのフィールドや研究テストで、基本的にビギナーに対して、ただ単に大きいギアで回すことを提唱するTeam TBB流よりかは、常に回転数を意識した方が効率的であると結果ずけられたことがある。これらのテスト結果は、公に出回っていないのは、サイクリング中毒達が、そのテストで見つけようとしていることよりも、最終的に結果づける際に、また違った結果が出ることでうんざりさせてしまっていた。確定的なことが与えられないでいた。

だが現実は、(サイクリングの)経歴がない人を対象に、そのすべてのテストで、さらなるパワーと持久力のあるスピード力は、60から70ケイデンスの間で発生することがわかった。それ以上のケイデンスでは、逆にペダリングの効率差をなくす。現在、アメリカ、オーストラリア、イギリス、そしてフランスからの研究を見ても、70以下の回転数よりも、70以上で回す方が、持久力のあるパワーを作り出すことができるワット数が少ないという、似た結果を出している。同じレベルの状況下にある2人のサイクリストでを比べると、最高でも10%程の違いが生まれる。

回転数を意識する人へのもう一つの例外として、どのケースでも、高いケイデンスレベルを維持すると心拍数が上がり始め、100ケイデンスを維持して、初心者に一回乗らせると、彼らのパフォーマンスが非常に減少するだけではなく、同様に、すべてのテストから、最大心拍数の15%下の近い所まで上昇することもわかった。更に、すべてのデータを通して、これはほんとんどの人に共通することがわかり、これに当てはまらない人間を議論する意義はないだろう。

トライアスロン

馬鹿らしく聞こえるかもしれないが、私はこう思う。

A.) トライアスリートは、1種目だけではなく、3種目共トレーニングしなくてはならなくて、バイクをトレーニングする時間は、サイクリストに比べても、限られているのは確か。

B.) すべてとはいえないにしても、私自身が接触しているほとんどのアスリートは、生まれ持ったペダル感覚をすでに刻んでいる元プロサイクリスト達ではない。故に、ペダリングのスタイルを元に、彼らを最大限の能力で乗させることは、弊害になるだろう。

C.) トライアスロンのレースでは、ただバイクを飛び降りて終わりではない。だから、 高アナエロビック閾値に近い心拍数まで上昇したままでバイクパートを終えることは、もし十分なペースでランを走りたい人にとって、望ましいことではない。

そう、私自身がこれらの意見を参考した時には、ただの仮定だったかもしれないが、適切な原則に乗っ取って考えたことだ。長年の経験が、手助けし続けたエイジグループのすべての選手に対して、バイクでの急速な維持できる体力を作り出すことができたことは、この優れていることの一つとしての判断だと教えてくれた。

結果的に、重いギアで回し続けるランスと競い合った素晴らしいチャンピオン達がそこにはいる。そう、彼らはただランスを打ちのめすことはできなかった、そして、ランスとは違って、他の選手達は、ドーピングテストに一度も引っかかっていないと言う彼の言葉を、ただ単に受け取っているだけだろう。みんなには、悪い意味で受け取らないでほしいが、十分に言えることは、ランスのエンジンは長年、例外的な能力と共に、異常な状況下で磨かれてきた1人であり、そして、その様な選手の真似をすることは、トライアスロンにて元々スイマーでない人に、イアンソープやポポフの動画を見せ、それをモデルにしてテクニックを作り上げることを言うことと同様だ。

信じてほしい!

フォームからくる体への機能を言っており、個々の能力に合うものが、正しいものだ。100ケイデンスでバイクを乗り回している体重100キロのアスリートを見ていることは、まるで飛行機のような体型の185cmの身長があるマイケル・フェリプスのような泳ぎを、身長160cmで体重50キロの女性に教えてる認定コーチを見ているのと同じ光景で、がっかりすることがある。それは泣かせるような光景で、このような認定コーチ達は、別の道に行った方がいい。もし、みなさんが並外れた、生まれ持ったペダルの感覚を持っていないアスリートだとすれば、このヒントを受け取ってほしい:もし、バイク後に最大限の能力をランで出し、持っている力をその場で発揮したい場合、ケイデンスを下げて練習することで、その力を引き出すだろう。ランスもこう言っている、『バイク自体のことを言ってるのではなく、どのようにペダリングするかだ。』と。

結論

少し難しい内容だったので、理解に苦しんだ記事だが、このTeam TBBBrett Suttonが言いたかったことは、常にトップ選手のバイクのペダリングテクニックを真似することではなく、 初心者から上級者に関係なく、自分自身に合うペダリング方法が、研究結果を元づいた、ケイデンス60から70を維持することによって、より良いペダリングのテクニックや感覚を効率的に得ることが可能になる一つの練習法アドバイスとして受け取ってほしい。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中